一人暮らしの常識集

家族が亡くなった時の手続き(役所編)

家族が亡くなった時、どんな手続きが必要かご存じですか?いざ、という時に慌てないよう確認しておきましょう。まずは、死亡後最初に届ける役所への手続きです。

 

?死亡届

 

人が死亡したら7日以内に役所へ死亡届を提出します。死亡届には「死亡診断書」の添付が必要なので、死亡に立ち会った医師に作成してもらいます。
「死亡診断書」は生命保険の請求や健康保険組合へ提出する埋葬料または葬儀費の請求にも必要ですからコピーを取っておきましょう。

 

また、死亡届が提出されないと火葬許可がおりませんので注意しましょう。役所では夜間や休日でも死亡届の受付を行っています。

 

届出人は親族・同居人・家主などの他、葬儀会社が代行することも可能です。必要書類は死亡診断書です。届出人の印鑑も必要です。

 

?火葬許可申請

 

死亡届と同時に火葬許可申請書を提出します。死亡届が受理されると火葬許可書が交付されます。この火葬許可証に火葬場の証明を受けると埋葬許可証になります。

 

?埋葬料または葬祭費の請求

 

加入している健康保険により異なります。

 

事業所などの健康保険組合の被保険者、被扶養者が亡くなった場合、埋葬料が請求できます。埋葬料は遺族がいない場合には葬儀を行った者に支払われます。

 

国民健康保険の被保険者が亡くなった場合は葬祭費の請求が必要です。葬祭費は葬儀を行った者に支払われます。

 

いずれの場合も死亡診断書を提出する必要があり、葬儀費用の領収証や印鑑、健康保険証も必要です。