一人暮らしの常識集

家族が亡くなった時の手続き(金融機関編)

家族が亡くなった時、どんな手続きが必要かご存じですか?いざ、という時に慌てないよう確認しておきましょう。銀行など金融機関への手続きをご案内します。

 

?取引のある金融機関へ連絡

 

取引のある金融機関へ連絡します。複数ある場合は電話による連絡を行ってから順次訪問することが望ましいです。

 

これは、相続権を有しない者が勝手に預金の払い戻しをできないよう早急に預金口座を停止してもらうためです。

 

よって銀行側が新聞などにより死亡を知っている場合は口座を停止してくれている場合が多いです。

 

また、金融機関により手続き方法や必要書類は異なりますから、初回連絡時に確認しておくようにしましょう。

 

?相続人全員による相続手続き

 

金融機関所定の手続きを踏んで相続手続きを行います。預金者(死亡者)の口座を解約して現金受領する方法と、預金口座の名義を相続人(親族など)へ変更する方法があります。

 

金融機関により手続き方法はさまざまで、提出する書類もそれぞれ異なります。

 

一般的に必要書類は、相続人全員の署名捺印が必要ですので郵送などを用いて書類を持ちまわす必要があります。

 

また、相続人の一人が銀行預金を相続して他の相続人は不動産などを取得する場合があります。このようなケースでは金融機関へ「特定の者が代表して預金を相続する」旨と「相続人全員が了承済」である旨の書面を提出する必要があります。

 

人が亡くなった場合、親族間トラブルの発生しやすいのが金融資産です。慎重に手続きを進めたいものです。